専門業者に依頼しよう

エクステリアは使う人や使われ方によって、微妙に意味合いが変わってきますが、主に建物の内部を除く敷地内の空間を総称して用いられています。小さな庭を草花を植えたり、玄関に鉢を置く程度でしたら自身で手軽に行うと気分転換にもなりますが、隣人や周辺に影響を与える可能性が高い場合は、専門の業者にお願いするのが得策です。お店によってはエクステリアプランナーの資格を持ったスタッフが、部材やエクステリアの製品を独自のルートでお手頃価格で提供するところもあります。また、最近人気なのは英国の人々が愛する歴史と伝統のあるガーデンの雰囲気を日本の住環境に合わせて質の高いエクテリアをガーデを提供する専門ショップもあります。時間によって、季節によって家全体の表情が変わる庭を無造作にしておかずに、手を入れる事でいつもの見慣れた庭が華やかな雰囲気になります。専門の会社に頼むと、予算に応じて希望に沿ったデザインや機能性について具体的なプランを提案してもらえます。中には、イメージ図や図面を制作して調整してくれるところもあります。工事の契約成立後、打ち合わせを重ねて最終的な見積もりを提出してOKなら工事がスタートされます。

自分でエクステリアを本格的に行いたい場合、通販サイトやホームセンターで必要な商品を簡単に購入できます。例えば、ウッドパネルをベランダや庭先に敷き詰めるだけで床高が上がり気になる段差も解消されます。但し、アウトドアリビングや植樹によって快適なガーデンライフが適っても、近隣の迷惑になるような匂いやツルが伸びる草木等には気をつけましょう。LEDライト等のガーデンライトを取り付けるとナイトガーデンも可能です。庭周りのエクステリアは、物置やゴミ置き場、物干し場等の暮らしに欠かせないヤードゾーンがあり、家族の憩いの場となる空間のプライベートゾーンが存在します。ガーデニングや家庭菜園を楽しむと同時に、洗濯物を干したり、道具の移動をする際のスムーズな動線作りの配慮が必要な上に、建物との調和できるプランニングも大切です。車庫周りのポイントは、安全に車を出し入れ出来る事が第一条件です。次に室内からの眺めを考慮して家全体を美しく見せる車庫の位置を見つける事です。車を買い替えや台数を増やす事も想定し、道路に対して直角または平行等の駐車方法を選び、実際の車の大きさや乗り降り、荷物の出し入れ等も考慮ししましょう。